宅地建物取引主任者の主な業務内容とは

不動産

宅地建物取引主任者の主な業務内容とは

不動産関係の専門職の一つである宅地建物取引主任者の主な仕事内容は、不動産の取引業務です。
不動産の売却や購入、貸し借りなどのケースで、その不動産の現状や権利等に関する調査などを行います。
そして、それらの情報を取引相手に伝えたり、契約締結のための手続きを行ったりします。
これらの業務の中でも宅地建物取引主任者だけが行うことができるのが、契約を締結する前に実施する重要事項説明と重要事項説明書への記名捺印および契約書への記名捺印です。
この説明事項では、対象となる不動産の所在や大きさなどの物理的情報、利用する上での制限の有無などの制約関係の情報、利用する上で伴う権利などの権利関係の情報を取引相手に伝えます。
不動産の取引は、高額な費用のやり取りが伴うとともに様々な権利が付随する取引にもなることが多いので、不動産に関する専門知識を備えた人間が必ず、取引を介することが義務付けられています。
そのため、専門の知識を備えた宅地建物取引主任者の存在がとても大きくなります。